トップページへ戻るお問い合わせ
[高度な検索]
このサイトの全ての情報を閲覧するためにはユーザ登録(無料)が必要です。はじめての方は左メニューの「新規登録(無料)」より登録をお願い致します。
また、こちらは自助グループのページです。ママブルーネットワークについての詳細はこちら>>をクリックしてください。
ママブルーネットワークは「産後うつのママを一人で悩ませません」「産後うつの正しい情報を伝えます」「何よりも産後うつのママの気持ちを大切にします」
【現在の登録数】
27,000名余になります。
(2013.12現在)
ログイン
メインメニュー
その他お問い合わせなど
ママブルーの活動報告
■2006年、福島市協働のまちづくり事業助成金により小冊子制作
■2005年、うつくしま基金助成金により運営中
■2004年、福島県地域づくりサポート事業助成金により運営
メルマガ登録・解除
『ままぶる〜*通信』がメルマガが配信されています!
毎週土曜日発行予定です。ご興味がある方はどうぞ!
(メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。)

※過去ログはこちらからご覧頂けます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。
商標登録について
「ママブルー」は、商標登録されています。
商標登録については
こちら
をご参照下さい。
重要なお知らせ
☆重要☆:
【緊急のお知らせ:その1】
迷惑投稿が多くなってきたため、システムの整備をしたいと思います。
そのため、掲示板投稿をしばらくお休みにし、閲覧のみにします。
皆様のご理解とご協力をお願いします。

【お知らせ:その2】
ママブルーネットワークでは、産後のうつについてサポートや自助グループの情報などを発信していきたいと思っています。掲示板をご利用いただき、情報交換していただければと存じます。

また、個別に話をしたいという場合は、「お問い合わせ」ページからお問い合わせください。

【お知らせその1】ママブルーネットワークでは、各地で、自助グループを開始しています。
詳細は↓↓↓↓をご参照ください。

 ■東京:自助グループ■
 ▼http://ameblo.jp/mama-blue/
 ・再開予定ですが、日程は後日お知らせします。

 ■神奈川:ママブルーネットワーク(横浜)■
 ▼http://yellmama.exblog.jp/
 ・開催日:詳細はお問い合わせください。
 ・場所:アートフォーラム あざみ野
  ▼http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-kita/
  〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
  横浜市営地下鉄・東急田園都市線 あざみ野駅下車 徒歩5分
 
 ・お問い合わせ先:加藤(shu-o125-kun_mem@dc5.so-net.ne.jp)まで(託児が一回750円でご利用できますあわせてお問い合わせください。)

 ■仙台:ママブルーin仙台■ 
 ▼http://ameblo.jp/mamablue-sendai/
 ・日時:8月30日(金) 13:00-15:00
 ・場所:仙台市福祉プラザ 3F託児室  
 ▼http://www.sendai-hw.or.jp/plaza.html  
 地下鉄五橋駅徒歩3分/無料駐車場あり 

 ・お問い合わせ先:、smile_h@rmail.plala.or.jp   
  または   mamablue_sendai@yahoo.co.jpまで。

 ■大阪:種まきの会■
 ・活動を休止しています。

 ■埼玉:*はぐはぐの場*(ママブルー埼玉支部) ■
 ▼詳しくはこちらhttp://ameblo.jp/sangoutu/で最新情報をご覧ください
 
 ■福島:みるふぃーゆの会■
http://mama-blue.seesaa.net/
 ・活動を休止します。


【お知らせその2】
ママブルーになっても大丈夫!〜6人のママの体験による産後うつ病Q&A〜発売中!

産後うつ病から回復してきた6人のママの、回復までの軌跡と、その体験からどのようにして回復してきたか、生の体験を漫画にして書いてあります。

お申込みは、
FAX:024-554-6020
http://mama-blue.net/books_tyumon01.pdf
もしくは
メールフォーム
http://www.mama-blue.net/modules/liaise/?form_id=7
よりお申し込み下さい!

【お知らせその3】
ママブルーネットワーク事務局が、2013年4月より長崎市に移転しました。
ママブルーについて
ママブルーは、産後イライラしたり、わけもなく悲しくなったり、疲れがとれないなどの心身の不調を感じるママのための、情報サイト&バーチャル自助グループです。(携帯サイトもhttp://mama-blue.net/より閲覧・投稿できますが、ソフトバンクなど、一部携帯では正常に表示されない場合があります。)

ママブルーのロゴである4つ葉のクローバー。
「ママの治りたいという気持ち」「家族の支援」「専門家の支援」「地域のみなさんの支援」があれば、産後のうつは必ず良くなるという願いを込めています。
(平成18年度福島県県民子育て支援大賞活動部門最優秀賞、平成19年度内閣府女性のチャレンジ賞受賞)
ママブルー主宰のサロンなど
 ママブルーでは、産後のブルーな気分になっているママの気分の改善のために、各種サロン、勉強会を開催しています。
イベントの詳細は こちら>>をクリックしてください。
■ママブルー更新情報■
●『産後うつ病』とは●
■産後うつ病とは?

この病気は分娩後の情動的および身体的な要因によっておこります。少なくとも日本では10%前後の母親がこの病気にかかるといわれています。マタニティ・ブルーという言葉はご存じでしょうか?これは産後数日後、一時的に現われてすぐに消える、軽い気分の変化です。それに対して産後うつ病は中等度から重度のいろいろな症状を伴います。気分のいい日もあれば、悪い日もあり、症状が変化しやすいのも特徴です。
お母さん自身も自覚できずに努力不足のように思ったり、周囲からも怠けているのではないかと考えられがちです。

■どうして産後うつ病はおこるのでしょうか?

現在のところ産後うつ病の原因はわかっておりません。しかし、妊娠と産褥期は生物学的に変動の時期であると共に社会心理的にも適応することが難しい時期でもあります。こうした要因によって産後のこころの病気がおこりやすいといわれています。最近の研究では産後うつ病は感情をコントロールする脳の神経伝達物質や遺伝、ホルモンの変化、環境などが関連しているといわれています。身体の病気である風邪、糖尿病、心臓疾患にかかった場合に自分の精神力で治すことはできません。産後うつ病もホルモンに関連したこころの病気であり、決して自分の性格が原因ないと考えられています。

■産後うつ病はいつおこるのでしょうか?

重いこころの病気は産後直後に多いといわれていますが、産後3ヵ月後までの期間は用心しておく方が望ましいでしょう。
特にわが国では里帰り分娩を終えて日常生活に復帰した産後1ヵ月前後は産後うつ病がおこりやすい時期ですから、特に産後の肥立ちが悪い場合にはできるだけ無理をしないようにしてください。

詳細は「ママブルー Q&A」をご覧ください。
▼△自立支援医療制度を知っていますか?△▼
「自立支援医療制度」を知っていますか?(通院医療に公費援助が受けられることを知っていますか?)

精神疾患の治療には長い期間を要することがあり、定期的な通院を必要とする場合も多いです。そのため、医療費の負担も大きくなってしまいます。

自立支援医療制度は、このような経済的負担を軽くして、医療を受けやすくするために、通院医療費の一部を都道府県が負担するという制度です。

続きはこちら>>
■新聞・雑誌・その他ニュースリリース紹介■
■ママたちのサイト紹介:登録ご希望の方は事務局まで■
参加ウェブリング/登録サイト
うつ病なのかな?うつ鬱友の会
[NEXT] [PREV] [RANDOM] [HOME]
** Heart WebRing **
ハートウェブリング ホームLIST
NEXT
BACK
random
メンタル情報のPSYCOS  
   
Created by 産後うつの情報サイト&自助グループ「ママブルーネットワーク」Staff.